人気ブログランキング |

日本橋のヘアサロンから「日本橋界隈情報」「髪や肌について」などフレッシュな情報を発信するブログです。
by tuyadasi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
ツイッター
カテゴリ
全体
お客様
取材
misa
新商品情報
リファイナーの体験
艶出の研究

アカシ 
趣味
リファイナー
日本橋界隈情報
話題
艶出専科のご案内
ローテ
プライベート
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サロンジャーナル新聞 コラム掲載6回目

コラム6回目掲載されました。


d0062076_161816100.jpg

内容はこちら・・・・


POPやメニューのネーミングを考えること、皆さんは楽しんでいらっしゃいますか?
一ヶ月ほど前、新企画を立ち上げた時のことです。ちょっとした企画などは日々の事ですが、今回は本格的なものでした。
店名から、コンセプト、パンフレット、ロゴ、料金設定、施術内容など全てが私に任されていました。
企画のコンセプトから入り、外せない幾つかの核を決め、店名候補となるキーワードやセンテンス、イラスト画などをひたすら集めました。
もともと、遊び頃や絵心などちょっと苦手な左脳人間よりの私に取りまして、このようなことを考えたりすること=「難しい作業」「嫌いな作業」と思っていたのです。
苦手意識からの仕事は苦痛でしかなく、やらされ感の様なものが心の中に常にありました。取りかかるまでの時間も長ければ、取りかかった後も、また長いのです。
しかし、オープン日が設定されておりましたので、ある適度強制的に仕事をせざるを得ない中、徐々に使える資料が集まりはじめました。
店名が決まり、ロゴも何となく候補が絞られ、メニュー自体の名前や付け加えるコメントも候補が絞られはじめ、いよいよパンフレット完成間近・・。
「この文字は、女性っぽいなぁ」「ちょっと硬くない?」「これは和風だね」「○○のお店っぽいね」「かわいいなぁ」「これはかっこいい」「高そうだね」「いいね。上品な感じになるね」など文字体や、カラーのイメージ、意味は似ていても、言葉の響きにより、全く別のものに変化することに気が付いたのです。
 「あれ・・?」不思議な感覚でした。その工程は「苦痛な作業」と違い、とても楽しいものに私の中で変化をしていました。
しかも、とても慣れている感じの心地良さだったのです。
???なんだろう・・。この感覚は・・・。
私、とうとう大発見をしてしまいました!
「その感覚」とは、いつもお客様の髪のデザインやカラーなどを提案する時やパーマをかけるときと同じだったのです。
 この事は私の様に、POPやメニューのネーミングを決めることが苦手な方には朗報だと思いませんか?
髪の毛のカットをしたりカラー剤を選び塗布したり、パーマをしたり、セットをしたり・・というのは、髪(紙)こそは違えども、全く同じ感覚を働かせているのではないでしょうか?
言葉の響きでニュアンスを表現したりするメニューのネーミングは、カットの流れで、もしくは、パーマのカールでそのお客様自身のニュアンスを表現するのとイコールだ!と思えたのです。
その仕事をしている私達は言い換えれば、POPやメニューのネーミングを考える事も得意分野だったり、楽しい分野だったりするのかもしれませんね。
他店との差別化を図るための独自のPOPやメニューのネーミング。苦手意識をなくしてトライしてみてはいかがでしょうか。

飯塚
by tuyadasi | 2007-07-10 20:38 | リファイナー | Trackback
トラックバックURL : https://tuyadasi.exblog.jp/tb/5772939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]